人気ブログランキング |

<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
大泉祭り 一日一ボンジーアの可能性
すっかりレポートが遅くなってしまいましたが、先週日曜日は群馬県邑楽郡大泉町のお祭りに参加するため、朝一番にレンタカーを借りて、いざ出陣!

っと、その前に簡単に大泉町の紹介を・・・
東京の練馬区にも大泉町ってあるけど、群馬県の東部にあるこの大泉町は、近所に太田市、館林市、埼玉県の熊谷市のデルタ地帯に囲まれた人口約42000人程の町。この数字だけ見れば地方都市のごくごく平均的な町で、用事がなければ通り越してしまう町なんですが、この町には日本一の物があるんです!

それは・・・「日本一外国人密度の高い町」!

人口約42000人のうち、外国人が14.8%(6300人)を占め、さらにその中でブラジル人だけで10%(約4700人)を超えている。つまり、大泉町を歩いていると、10人に1人の確率でブラジル人とすれ違うことになるわけ!
東京都でさえ、外国人数の対総人口は2.8%ほど(約1246万人中35万人)で、いかに大泉が外国人、そしてブラジル人が多いか分かってもらえるでしょう。
元々大泉には中島飛行機という大工場があったようですが、今でも三洋電機や富士重工などをはじめ工場が多く、外国人居住者が多い所以はそこにあるのです。「外国人労働者が多い企業城下町」という典型的な姿が大泉にもあるわけです。詳細なデータは今手元にありませんが、大泉に住むブラジル人の多くはそういった工場で働くためにブラジルから出稼ぎに来ている人々です。
ちなみに、日本で生活するブラジル人の数は約27万5千人に及び、彼らが祖国ブラジルへ送金する額は年間約22億ドルで、ブラジルの対日輸出額にほぼ匹敵するんです!

なーんて、こんな数値だけ言っていてもわからんわな。
詳細はこんな専門書に任せておいて、早速お祭りレポートへ。

ブラジル仲間を4人乗っけて新宿から高速に乗って約2時間半。
大泉に到着~。

メイン通りはどこからともなくやって来る屋台で埋まっていた。ごくごく普通の日本の屋台群。(それにしても屋台で商売している人たちって普段はどこかで常設販売しているのだろうか?地元ヤクザの勢力によって屋台の個数が決まるという話は聞いたことがあるけど、彼らの素性を知りたい)人通りがあまりなかったので、とりあえず確実にブラジル人がいるブラジリアンプラザへ。
b0020525_1184939.jpg1Fには家電品、アクセサリー屋、ランショネッチ(軽食屋)、2Fには肉屋、洋服屋、ランショネッチ(軽食屋)、そしていつもネットで御用達のキタンジーニャ(ブラジル雑貨屋)。ここにいると日本にいることを忘れる。五感に訴えてくるもの全てが正に「ブラジル」そのものなのです。
b0020525_1161790.jpg特に僕がここでブラジルを感じてしまうのは、店舗スペースの使われ方。全体のスペースの割りにテナント占有面積が少なくて、共有面積、つまり余白が広いこと。建物全体を隅々までテナントにして利益を抽出するのが日本型のショッピングセンターだとするならば、来訪者が寛げるようなスペースが広いのがブラジル型と言えるかもしれない。いや、言ってしまおう。あの間の取り方が気持ちいいんだな。
b0020525_1155751.jpgキタンジーニャで食材(デンデ油をようやくゲット。これで夏はムケッカだ!)を購入し、一緒に行った友人オススメの「FATTO A MANO(0276-63-7563)」で昼飯。ここのオーナー、三澤巌さんはクリチーバから移住してきて18年。今は大泉群馬ブラジル協会会長として日本人とブラジル人のパイプラインとしてご活躍されているそうです。冗談好きな気さくな方で、こんな接客にもブラジルらしさを感じてしまう。FATTO A MANOとはイタリア語で「手作り」を意味するらしく、正に手作り感満載のメニューが三沢さんの人柄と共に伝わってきます。パステウ、コシーニャ、ラザーニア、今日のランチ、スーコ・ジ・ビタミーナ・・・etc。ブラジル臭満載の贅沢なfatな食事。と同時に帰国してから胃が小さくなってしまったことを痛感・・・。
「カロリー?そんなの明日から気にすればいいや」。

続いてSUPERMERCADO TAKARAへ。倉庫をそのままスーパーマーケットに転用。b0020525_1191832.jpgb0020525_1362250.jpg
どことなくブラジルのカイピーラ(田舎)にあるスーパーのような感じ。外ではシュハスコと酒で盛り上がる初老の男たち。中に入るとカフェが併設されていて、ブラジル人がちらほら。休日の午後をカフェジーニョとテレビ(もちろんIPC)でボーっとしているvagabundoっぷりはやっぱり絵になる。ここではベテハーバ(ビーツ)とブラジルの水(Minelba)を購入。
このスーパーの近隣には水田+平屋の民家という純日本的な風景が広がっています。うーむ。カオスとは正にこのことを言う。

b0020525_1194977.jpg歩行者天国になる時間を見計らって車を駐車し、いざメイン会場となる円形広場へ!
駐車場から広場までの途中、聞こえてくる言語はブラジル人が話すポルトガル語、もちろん日本語、ペルー人たちが話すスペイン語、観光客っぽい人たちが話す英語、おそらく住民であろう中国人たちが話す中国語、、、。一体ここはどこなんだろ・・・。決して代々木公園で行われるような○○フェスティバルのようなものではないことは確かだ。
b0020525_1195521.jpg会場の舞台ではAXE(アシェー)を踊る若人3人衆(男×2、女×1)。女の子のビキニ跡も妙にエロかったけど、それ以上に男共の踊りがエロすぎ!シースルーのシャツと鳩胸。「幼いマッショ」的なキャラにやられ、終始彼の踊りを堪能する。彼は伸びるよ。
b0020525_120751.jpg微笑ましいブレイクダンスとヒッピホッピ(HIP HOP)の踊りの後はカポエイラのホーダ。一人とんでもない人を発見。今まで見たことないような連続技の連発。帯を見ると白と青。ってことは準師範か。納得。。
続いて浅草サンバカーニバルでもおなじみの、サンバヘギグループ「BLOCO BARRA BENTO」。b0020525_1202195.jpgb0020525_1202714.jpg
スルドの重低音にテンションは一気に高まる。多少のリズムがあっていなくてもそれを帳消しにするような勢いと重低音にヤラれた。ちなみに、ボーカルはブラジル人と日本人のラッパーTENSAIS MC'sのBeto。

残念ながらレンタカーの返却時間があったため、レポートはここまで。祭りではこの後、ブラジル人が歌うアキバ系J-POP、以前FESTA DO BRAZILでも見たセルタネージョグループ「NOVO TEMPO」などがライブした模様。

<思ふこと>
予てから大泉クラスの中小都市に様々な国の人たちが暮らすのは困難が多いと言われていたのは知っていた。そりゃそうだ。だって国籍・言語・バックグラウンド・価値観、あらゆる面において違った要素を持っているんだから。ゴミの分別問題にしろマナーにしろ「日本人の常識からしてこうしてくれるだろう」というのでは通用しない。しかも東京のような隣の人の顔も知らない不特定多数の多国籍な人間がごちゃごちゃと暮らす街ではなく、大泉はむら意識が生き残っている地方都市だ。ブラジル人の誰か一人がマナーを違反したとなれば、「ブラジル人=マナーの悪い人たち」というレッテルが貼られてしまう。

現に大泉祭りのことでいえば、2002年まではサンバパレードが大泉祭りの正式行事として行われていたらしいが、不況で予算がとれないという理解に苦しむ行政からの圧力(実際にはお祭り時のブラジル人のマナーの悪さらしい)によって廃止され、以来お祭りの表舞台からブラジル関係のイベントは消えてしまった。しかし表舞台から消えても、やはりここは10人に1人がブラジル人の町。毎年お祭りの時にはブラジル人たちが集まる場所が主にブラジルレストラン周辺で生まれ、特設ステージが設けられ、今年はついに一つの公共施設である円形広場での開催が実現した。これは日本人とブラジル人を繋ごうとする方々の尽力の結果です。(kimobigのみなさん、おつかれさまでした。)
円形広場ではブラジル系のイベントしかやっていないので、もちろんブラジル人が圧倒的に多かったが、おみこしを担いだ後にフラっとやってくるおっさんの姿や、地元の日本人の家族連れ、帰り際に立ち止まって眺めているおばあちゃん、スルドの重低音に乗せられ踊りの中に入ってきたおじちゃんなどなど、ブラジル人ではない人たちが広場で足を止めている姿を度々見かけた。

彼(彼女)らの姿を見たとき、僕は「これだ!」と思った。大泉に住む日本人にとって、日常生活においてはなかなかブラジル人を知ろうというきっかけ、機会がない。そして、大抵の日本人は知ろうともしていないのが現実。でも年に一回のこうしたお祭りで、一人でも多くの日本人がブラジルをはじめ外国の文化に興味を持ってもらうことこそ、大泉祭りの目指すべきところであるだろうし、それが「日本一外国人密度の高い町」の特権なんではないかなと思う。

大泉で奮闘する国際交流団体「KiMOBiG」代表のミハルがある時、こう言っていた。
一日一膳ならぬ「一日一ボンジーア(ボンジーア=おはよう)」。日本人とブラジル人が朝のゴミ捨て場とかで「ボンジーア」と挨拶する光景。別にそれは「おはようございます」でもいいと思うんだ。一日の始まりの朝に、たったその挨拶を交わすだけでもこの町はすごく変わると思う。
自分は大泉に住んでいるわけではないので、それを東京で実践する。

b0020525_1472193.jpgb0020525_1472742.jpg
<左>おみこしを担いでいる大泉の日本人
<右>左からペルー人、ブラジル人カップル、日本人カップル、ブラジル人女性・・・etc

最後まで読んでくださった方、このblogを始めて以来の長文にお付き合いくださり、obrigadao!
by hayatao | 2006-07-31 01:50 | 日本のブラジル
社長令嬢と母校
先週末は色々なことがありすぎた。

・金曜日は、建築友達の紹介で知り合いのブラジル人が日本に旅行中だというので、渋谷トゥッカーノにて一緒にブラジル飯。どこかのブラジル料理屋と違ってトゥッカーノはブラジル人ギャルソンの愛想が良いので、ここ最近は専らこのシュハスカリアを利用している。
その日も彼女がブラジルから旅行中だということを言うと、一見ブラジル人に見えない彼女は店員から質問攻め。彼女曰く、「ブラジルのレストランでこんなフレンドリーに話しかけてくる店なんてないわよ」とのこと。最初言っている意味が分からなかったが、彼女が言っている"レストラン"とは”5つ星以上のレストラン”で、彼女がブラジルで有名なテキスタイル会社の社長令嬢であることを知ったのは、その直後だった。
・・・うむうむ。こんなことが起きるのもブラジル。サンパウロやリオの上空を飛ぶヘリコプターの数はニューヨークや東京の何十倍も多いけど、そのほとんどが自家用専用機。そんな国なのだ。

・土曜日は仕事後、ラテンアメリカ史研究会へ。今回の発表は「ブラジルのMST(Movimento dos Trabalhadores Rurais Sem Terra:土地なし農民運動)」に関するテーマだったので、ほぼ1年ぶりくらいに参加した。日本の大学院生が文献を主に考察した発表だったので新しい発見はなかった。MSTをテーマに修論を書くんだったら相当の根気がなくては書けないだろう。
それはさておき、今回の研究会は母校で開催されため、懐かしくなって一人夕暮れ時の学び舎をフラフラと散歩。5年ぶりの母校。愛校心のかけらもなかった自分だったのだが。。

b0020525_237295.jpgb0020525_2371159.jpg
b0020525_2371973.jpg

学部が違ったので、本部のキャンパスはあまり来なかったが、サークルで利用していたぼろぼろのラウンジがあった校舎はピカピカの校舎に生まれ変わっていた。歴史ある学び舎のはずが、そこらへんの新興大学とあんまり変わらなくなってきてしまった気がする。
でもこのキャンパス計画ってうちの建築学科の先生がやってるんじゃなかったっけ・・・。
キャンパスを後にし、学生時代よく通ったアート系の古本屋数件、そして早稲田松竹に立ち寄り、駅への帰り道にやたら増えたラーメン屋を横目で見ながら、馬場の駅で山手線を捕まえた。
学生時代に戻った半日。学生時代、どうしても好きになれない街だったけど、こうして久しぶりに訪れるとなぜか懐かしく感じてしまうんだな。

日曜日は日本のブラジル、群馬県へ大泉町へ行って来ました!
その話はまた明日・・・zzz
by hayatao | 2006-07-25 03:38 | 東京散歩
最近見た映画のこと
今日は久しぶりに映画のことでも話そう。
ここ最近見た映画。

「MI3」(2006年アメリカ)
「ALWAYS 3丁目の夕日」(2006年日本)
「ランド・オブ・プレンティ」(2004年アメリカ、ドイツ合作)
「そして、ひと粒のひかり」(2004年コロンビア)
b0020525_2375114.jpg
上の二つはもう言わずと知れた有名作品なので手短に。
●「MI3」は女優がイマイチだったけど、2よりはよかった。
トムが走る走る。おっさんが走るスピードじゃないぜあれは。
冒頭の20分でカーアクション、エロチシズム、ミステリーを入れ込む手法は
さすがハリウッドの王道映画です。
なにはともあれ映画館で見ることをお勧めします。

●「ALWAYS 3丁目の夕日」は白黒テレビが出始めた昭和30年代の東京を舞台に、
人情味溢れる下町の人々の心温まるエピソードが繰り広げられる作品。
建設途中だった東京タワーのCGが話題になっていたので、最初はCGの精度ばかりを
見ていましたが、いつの間にか登場人物に感情移入してしまい涙、涙、涙。
やっぱり自分は昭和の人間だ。DVDでぜひ。映画「力道山」も気になる。

●「ランド・オブ・プレンティ」は巨匠ヴィム・ヴェンダースによる作品。
イスラエルで育ったアメリカ人のラナは、亡き母の手紙を伯父ポールに渡すために10年ぶりにアメリカの地を踏む。伯父はベトナム帰還兵。9.11以来、アメリカを守ろうと自警団のようなものを作って警備(特にアラブ人)を続けていた。そんな彼らがアラブ人の殺人事件をきっかけに再会。ラナはその遺体を家族に渡すため、ポールは事件の真相を究明するために、一緒に旅立つことに。
9・11後、平和主義的なスタンスで描かれた映画作品の中では、ずば抜けて良かった。
「ベルリン天使の詩」「パリ、テキサス」をはじめ、ヴェンダース作品には独特なテンポと映像美いうものがありますが、この作品も然り。彼が訴えるメッセージはピースフルなものなんだけど、それをことさら強調するような内容ではなく、行間と映画全体の持つ雰囲気によってメッセージを伝えてしまう演出には脱帽です。

●で、今回のイチオシ作品「そして、ひと粒のひかり」について。
b0020525_2384572.jpg
コロンビア、ボゴタの小さな田舎町に住む17歳のマリアは、家計のためにバラ農園でトゲ抜きのバイトをしていたが、上司との確執で仕事をやめることに。と同時に、付き合っていた彼氏の子どもを妊娠。どうしてもお金が必要な彼女は、パーティで知り合ったフランクリンという若者から、カプセルに詰め込んだドラッグを胃の中に飲み込み、ニューヨークへ密輸する仕事を紹介され、報酬ほしさに引き受ける。彼女は、袋が体内で破れたら死んでしまう危険を知りつつ、62粒のドラッグを飲み込むのだが・・・

コロンビアの「City of God (原題:Cidade de deus)」。DVDパッケージの帯にはこう宣伝してあったが、一体誰がこんな安っぽいコピーをつけたのか。「City of God」は、監督のフェルナンド・メイレレスがリオのスラムの一部を切り取り、コミカル&スタイリッシュに編集することによって売れる映画へと実現させたのに対し、今回の映画はその対極にある。演出などもいたって地味で淡々とストーリーは進行して行くが、その素朴さこそが正にコロンビアの素顔を描き出しているようだった。また"貧しい"という解説文が目に付くが、マリアの家族はいわゆる貧困状況ではないし、普通の人が送る普通の生活だ。(日本人の平均的な生活レベルで考えたら、そりゃー南米の国の人は金銭的には貧しいさ。)もし前出の「City of God」との共通点を強引に言い当てるとすると、単に南米ということだけ。・・・まぁそんなところにあんまり言及してもつまらないか。

この映画の見所は、普通に生活を送っていた17歳の女の子マリアが、離職と妊娠、そしてフランクリンとの出会いをきっかけに、ドラッグの運び屋となり、あっという間に闇の世界に入っていく彼女の姿と麻薬大国コロンビアの社会的な背景。一方で、17歳ながら自分の価値観、良心と現実との間をもがくマリアの姿。映画のエンディングで彼女が出した答えには妙に納得してしまった。

南米好き+社会派シネマ好きにとってはたまらない秀作です。
DVDでレンタルできるのでチェックしてみてください。
「そして、ひとつぶのひかり」サイトへ>>>
b0020525_2392583.jpg
それにしても、800人以上のオーディションから選ばれた主役のカタリーナ。
めちゃめちゃ美人というわけではないんだけど、妙に惹かれます。
by hayatao | 2006-07-19 03:16 | 映画
ヒデの後継者は地球の裏側にいた
ここ1ヶ月間、サッカーネタは敢えて出すまいと決心していたんだけど・・・

先週NHKで放送されたNHKスペシャル「同時3点ドキュメント~奇跡を祈った90分
3つの地点の出来事を同時期に重ねていき、世界を立体的に俯瞰していくドキュメンタリータッチな番組。今回はサンパウロの文協、日本人プレーヤーのスカウトを仲介するマドリードのスポーツマーケティング会社、愛知県に住む俊介と親交のある11歳の少年という3つの視点によって、日本対ブラジル戦の背景にあった模様が語られていた。コンセプトとしては面白かったが、結局何を伝えたかったのかわからなかったが・・・。

その番組の中で一つサプライズがありました。
サンパウロの会場にはなんとあの史上最強日系ブラジル人サッカープレーヤー、ホドリゴ・タバタ君の姿があったのです!しかも彼へのインタビューも収録されていて、彼の口から驚くべき発言が!!
b0020525_051576.jpg
b0020525_114812.jpg
以前彼について書いた時には(以前の記事へ>>>)、日本代表には全く興味がないといっていた会見を見たのですが・・・上の発言にはビックリ。一体何が彼を変えたのだろうか。
現在ホドリゴ君は、ペレが身につけていたサントスFCの10番という伝説の番号を背負って司令塔として活躍中です。彼がブラジル代表に呼ばれる前に、日本サッカー界は彼を呼ばなきゃいかん!オシムに時間を割いている場合じゃないよ田嶋さん!!彼は完全な司令塔タイプなので、オールラウンダーなヒデとは若干ポジショニングが違いますが、技術と戦術眼、そしてそのお顔は文句なしにヒデ以上。ヒデの後継者はここにいました。

ホドリゴの発言にも驚きましたが、さらに驚くべきことが・・・・
b0020525_1103712.jpg
番組のあるシーンに登場。N尾ズラ夫妻。僕は感動しました。あなたたちはやっぱりスゴイ!
by hayatao | 2006-07-12 01:20 | サッカー
コーヒーカップになった自分
サンパウロのM姉から送られてきた1枚のポストカード。
b0020525_1393733.jpg

うん!?お、、おい!俺にそっくりじゃないか!!!
よく見てみると、CULTURA INGLESA FESTIVAL(English Culture Festival)というサンパウロでやっていたイベントのフライヤーではないか。。
一体なぜにINGLESA?俺の顔は英国人顔?
・・・んなわけねーよなぁ。
b0020525_145340.jpg

とりあえず赤いタグと" Cultura Inglesa"の文字は顔に似合っていなかったので、タグの色を緑にして"Quem nao arrisca, nao petisca(虎穴に入らずんば虎児を得ず)"の文字に入れ替える。
・・・このイラストの作者は一体誰だろう。

ところで、最近の旬な顔といえば、これ↓
b0020525_1255337.jpg

言わずと知れた巨匠(彼こそ巨匠というのにふさわしいではないか!)、志村ケンさま。KIRINのグリーンラベルのCMで「いいんだよ!」といい味出してます。
CMはこちらから>>>
やっぱりこの顔ですよ、この顔!黄色いシャツと紫のタイというのも、この人と高田純次くらいしか似合わないな。

それにしても、この顔、どことなく上のイラストと似ている。

これは特訓するしかない。以上。
by hayatao | 2006-07-07 01:49
2006ワールドカップ終了。
早朝の青山キラー通りに雄たけびがこだました。

"Filho da pu○a!!"

日曜日、朝。
ブラジル、散る。
1994年以来の4大会連続決勝出場も、主将カフーの2大会連続優勝キャプテンの名誉も、
全て粉々に砕かれた。
そう、ジダーンの柔らかいプレースキックによって・・・。

90年イタリア大会、カレッカとミューレルを擁したブラジル代表は、決勝トーナメント1回戦でマラドーナとカニージャ率いるアルゼンチーナに見事にやられ敗退した。
今回の敗退はあの時以上にあっさり”綺麗に”負けた。

今回の試合、ブラジル代表は、近年まれに見る弱さだった。
代表選手たちは帰国の途に着いたが、無事に家までたどり着けるのだろうか?
b0020525_1251094.jpg
中指が・・・。
by hayatao | 2006-07-03 12:54 | サッカー



「すべての道はブラジルに通ず」リオ育ちの日本人による徒然日記。ブラジルの建築・デザイン・サッカー関連のことが中心です。建築設計事務所での修行を終え08年12月よりサンパウロ勤務。カステラ工房主宰。
by hayatao
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
information
★web制作から撮影、インテリアデザイン、建築設計までカステラ工房ではトータルにデザインを承ります。
ご依頼、ご相談はこちらへ
castellakobo@gmail.com
----------
「Save the 下北沢」Save the 下北沢
僕は世田谷区による下北沢再開発計画を断固として許さない!ブラジル南部の環境都市、クリチーバ市の元市長のジャイミ・レルネル氏も代替案を提案しています。

----------
人気blogランキングへ
カテゴリ
全体
ブラジル
日本のブラジル
お建築
デザイン
MPB
お仕事
東京散歩
サッカー
展覧会
ライブ

映画
下北沢
音楽

姪ちゃん
Works
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
more...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
なかのひと