遅れるということ
今週頭から始めるはずだったこのブログだったが、今日になってようやく始めることに決めた。5日間の遅れ…。カリオカにしたら”早すぎる”遅れだろう。
遅れと言えば今朝の山手線。たった18分の遅れだったにもかかわらず、渋谷駅の改札には「遅延証明書」を受け取る人だかりができていた。
そもそもこの「遅延証明書」などという物は、他の国にも存在するのだろうか。やっぱりドイツあたりにはあるのだろうか?少なくともブラジルにはない。南米一忙しい都市、サンパウロの地下鉄にもそんなものはなかった。
ブラジルに関わらず、ラテン系の国では、例えばパーティーなどに招待された場合は1,2時間遅れていくのがマナーとされている。しかし、現実はそんなに甘いものではなく、たとえば遊ぶ約束をしたとしても、2,3時間は待たされ、しかもその挙句にドタキャンなんてことはざらにある。そんなことをされた時こそ、どんなに自分がブラジルびいきであっても、結局は日本人なんだ…と気がつく瞬間なのである。
時間に対する感覚というのは、地域や民族、国によって違うだろうし、それはきっと後天的なもの。しかも一度身についてしまった時間の感覚は、そう簡単には崩せない。日本でこれだけ「スローフード」「スローライフ」など「スロー」と言った言葉がもてはやされるのも、おそらく日本人的な時間の感覚があるからこそ。ブラジルで「スロー」なんて言ったって、きっと通用しないだろう。

先週末、渋谷のファイヤー通り沿いにあるカフェを通りががったら、車通りの激しい車道を眺めながら酸素を吸っている若い男を見かけた。世も末か?それともカッティングエッジなのか?果たしてミヒャエル・エンデの「モモ」の世界のように、時間を売買する時代はやってくるのだろうか…。
[PR]
# by hayatao | 2004-09-11 02:22 | お仕事



「すべての道はブラジルに通ず」リオ育ちの日本人による徒然日記。ブラジルの建築・デザイン・サッカー関連のことが中心です。建築設計事務所での修行を終え08年12月よりサンパウロ勤務。カステラ工房主宰。
by hayatao
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
information
★web制作から撮影、インテリアデザイン、建築設計までカステラ工房ではトータルにデザインを承ります。
ご依頼、ご相談はこちらへ
castellakobo@gmail.com
----------
「Save the 下北沢」Save the 下北沢
僕は世田谷区による下北沢再開発計画を断固として許さない!ブラジル南部の環境都市、クリチーバ市の元市長のジャイミ・レルネル氏も代替案を提案しています。

----------
人気blogランキングへ
カテゴリ
全体
ブラジル
日本のブラジル
お建築
デザイン
MPB
お仕事
東京散歩
サッカー
展覧会
ライブ

映画
下北沢
音楽

姪ちゃん
Works
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
more...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
なかのひと