カテゴリ:サッカー( 26 )
ジーコさんの新しい職場
永遠に追っかけしてます。ジーコさん。

b0020525_10195256.jpg
昨シーズン、トルコのチーム"フェネルバフチェ"を欧州チャンピオンズリーグ4強に育て上げ、監督としての評価を一気に高めたジーコ氏。イングランドプレミアリーグのマンチェスター・シティやニューキャッスルなどのチームが監督としてオファーを出していたそうですが、この度ようやく新しい職場が見つかったようです。

それは・・・ウズベキスタンのクラブ、”ブニョドコル”(旧名:クルブチ)というチーム。

b0020525_10195964.jpg
ブニョドコルといえば、バルサ10番が最も似合ったあの選手、リバウドがいるチームです!

おめでとう!と素直に言いたいところですが・・・
ブニョドコルはACL(アジア・チャンピオンズリーグ)に出場中で、順当に勝ち進むとminha paixao no japaoのアントラーズと戦う羽目に。。(以前アントラーズがリバウドにオファー出していたという話がありましたが、その時ちゃんと投資しておけばミツオ君怪我の緊急事態にこんなことには・・・)

うーむ。素直に喜べない。
が、ジーコ氏曰く、指揮を取るのは早くても12月からだと。
アー良かった。。これでACLでの対戦はなくなったわけです。

いずれにしても何処に行っても注目してまっせ。ジーコさんよ~

ち、な、み、に、
fenomeno(怪物)というあだ名からgordinho(おデブちゃん)というあだ名がすっかり定着したロナウド。
重量オーバーで受け入れてくれるクラブが見当たらず、今は我がチーム、フラメンゴのジュニアチームで自主練中なのでーす。

b0020525_10364451.jpg
↑完全にスター扱いなgordinho。

フラメンゴでプレーするとかしないとかの話が出ていますが、、、。
gordinhoじゃなくて"golzinhos(点取り屋ちゃん)"に戻ってくれれば入って欲しいんですけどね。。

いずれにしても、夜遊びをしまくろうが、オカマちゃんと寝ようがブラジル人にとって絶大な人気を誇るロナウド。去就が気になるところです。
[PR]
by hayatao | 2008-09-23 04:45 | サッカー
今のセレソンなら日本も勝てる
W杯南米予選、ブラジルvsアルゼンチン。

結果は0-0のスコアレスドロー。

b0020525_12303256.jpg
アルゼンチン戦にめっぽう強いアドリアーノ君も先発で起用されましたが、、、ノーゴール。


b0020525_12324187.jpg
ラジオの実況中継によれば、スタジアム場内のサポーターからはPato(アレシャンドレ・パト君:ACミランのFW)コールが沸き起こっていたそうですが、ドゥンガ監督は結局最後まで起用せず、ルイス・ファビアーノを投入するという采配。

不甲斐ない引き分けに終わった試合。国民からは当然批判の的でしょう。
いくつかのメディアの見出しをどうぞ・・・

"Adeus Dunga"(ドゥンガ監督、達者でに。)
"Brasil 0 x 0 Argentina: show, só no intervalo"(魅せられたのはハーフタイムだけ)
※ブラジルのホーム、ミナス州で行われた今回のゲーム。ハーフタイムにはミナス出身のブラジルを代表するバンド、Skankがライブを行った模様。


ドゥンガ監督、次はどんな服装で登場してくるのか楽しみです。
ここまで来たらもうそっち系で話題をそらすしかない!!

ちなみに今日の試合は、今夜の3時過ぎからTBS系列で放映されるようです。
EUROがあったら絶対に放送されていなかったと思いますが。。
今のセレソンがジダン抜きでボロボロだったフランスと戦ったら、エース不在同士、いい勝負をするだろうなぁ
[PR]
by hayatao | 2008-06-19 12:51 | サッカー
Gaveaで話題のカップル

b0020525_11372326.jpg
い、いつの間に・・・

左:我がフラメンゴのアイドル、人気ではあのカフーを超えると言われる右サイドバックのLeo Moura。(個人的にはさんまさんがブラジル人になったら系だと思ってます)

右:ファンキ・カリオカ界のアイドルPerlla。

実はいつの間にか二人は付き合っていました。

そして、もう婚約していました。

これは今年結婚して"来年の"Libertadoresで暴れてくれ!!
・・・ってまずはCopa do Brasilか。

Parabens garoto!!!

→Leo Mouraのページ(Flamengoサイト内)へ
→Perllaオフィシャルサイトへ

→Perllaについて(日本語)
[PR]
by hayatao | 2008-06-13 11:43 | サッカー
いよいよ未来の大国始動か!!?
今朝決まりましたね!
2014年ワールドカップ会場にブラジルが決まりました。

b0020525_1305698.jpg
ブラジルの開催は1950年大会以来64年ぶり2度目で、南米では78年のアルゼンチン大会以来となります。

1950年7月16日。

ブラジル国民にとっては忘れられない日です。
自国開催のため圧倒的にブラジル有利といわれた決勝リーグ第3戦、ブラジル対ウルグアイ。
リオのMaracanã(マラカナンスタジアム)には173,850人(公式記録。実際は20万人以上と言われています)のお客さんが駆けつけましたが、1-2で逆転負けという残酷な試合後、スタジアム内でショック死と自殺で4人もの人が命を落とし、何人もの失神者を出すという最悪の結果に終わったのです。

b0020525_22162523.jpg
その日は「マラカナンの悲劇」と呼ばれ、当時を知るブラジル人に聞くといまだに涙を流す人もいますが、あの惨劇があったからこそ今のセレソン(ブラジル代表)はあるんだとはよく言われますね。日本代表の"ドーハの悲劇"とは比べ物になりません。やはり一度落ちるところまで落ちなければ真の強さは得られないとはこのことか・・・。
ちなみに、その試合を見ていたPele少年は、「おれがブラジル代表を世界一のチームにしてやる!」と言ったとか言わないとか。。。

b0020525_22141949.jpg
↑発表が行われたFIFA本部にはブラジル代表監督ドゥンガをはじめ、悪童ホマーリオ、そしてルーラ(ブラジル大統領)までも駆けつけた模様。

ワールドカップ優勝国の中で、唯一自国大会での優勝経験のない国でもあるブラジル。
その汚名を晴らすときが64年の時を越えてやってきました。

と同時に、2006年開催国の南アフリカのように叩かれないようにしなきゃね。
ジーコさんは公式サイトの中でこう言っています。(一部意訳)

”ブラジルには欧米や日本などに比べて、インフラやスタジアムなどの技術的な面では劣るかもしれないが、我々には我々にしかないものがある。
それは、世界一サッカーを愛するブラジル国民だ。
それを改めて世界に証明するために、我々は準備をしなければいけない。”



一方で、ブラジルで著名な日系人建築家ルイ・オータケ氏は、このニュースを受けて、ワールドカップ向けにモルンビースタジアム(サンパウロとコリンチャンスのホームスタジアム)の改装計画を近々発表するらしい。2014年に向けてブラジルの建築界も元気になること間違いなし!


これがきっかけとなって、ブラジルはBRICsの一員に恥じず、ますます発展するのか?
いよいよ未来の大国が始動!?


・・・と期待はもうしないよ。。いや、そんな期待はするだけ無駄なのさ。
みんながサッカー見て幸せならそれでいいのさ、と彼らは言う。。笑
そう、それでいいのだ。
[PR]
by hayatao | 2007-10-31 23:55 | サッカー
オフィスのトイレで一人で涙する

b0020525_12424498.jpg

リベルタドーレス2007決勝トーナメント1回戦第2戦目。
Flamengo vc Defensor。
つい30分ほど前、試合が終わりました。

・・・・・・結果は2-0。
勝利を収めておきながら、1戦目で0-3だったため、合計得点2-3で敗戦が決まってしまいました。


夢、散る。


結果が全てのこの世界。
残念で仕方ありません。
目の前のモニターがまだぼやけていますが、
来年に向けて気持ちを切り替えなきゃいけません。

b0020525_12502829.jpg

来年こそはRenato Augusto(上の写真)にもっと頑張ってもらわないといけません。
さようなら、リベルタドーレス2007のフラメンゴ。

pra meu flamengo,
valeu pela garra,pela vontade,pelo amor a camisa e a sua maior torcida do Brasil,apesar de sairmos da libertadores,chegamos ate longe demais para um time que era acostumado sempre a chegar entre as ultimas posicoes do brasileiro.
Hoje o time eh diferente e nesse brasileiro vamos dar trabalho e iremos classificar no minimo para a libertadores do ano que vem.valeu mengao.
[PR]
by hayatao | 2007-05-10 12:53 | サッカー
rubro-negro conquista outra titulo
報告が遅れましたが、先週の日曜日(日本時間月曜日午前)、
わがフラメンゴ、Campeonato Carioca2007で見事優勝しました!!!

b0020525_1236988.jpg

2試合の合計得点数で競われる決勝戦、相手はBotafogo。
1試合目2-2、2試合目2-2。
勝負はペナルティーキック戦の末、フラメンゴが見事競り勝ちました!
いや~3月のTaca Guanabara(グアナバラ杯)に続いてリオ州(市)では2冠達成!

試合のダイジェストはこちらから>>>
Flamengoの2点目、Renato Augusto(No.10)のゴールが凄すぎます。
あれで若干19歳。マンUやチェルシーが既に目をつけているとの噂です。

近年まれに見る勝負強さ(運強さ?!)を誇るわがフラメンゴ。今のチームは10年以上ぶりの強さかもしれない。
それだけに明後日のリベルタドーレス、対Defensor戦は4-0で勝ってもらわなくては困る!!

もう信じるしかない。
Mengaoのnumero10、Renato Augustoを。
Ney Francoを。
そして、Gaveaを見守るコルコバードのキリストを。。


実はそのリベルタドーレス杯がG+というCSで放送されていました。
http://www.ntv.co.jp/G/

早速先週放送されたフラメンゴ-パラナ戦をチェックしてみました。フラメンゴのミスパスの多い最近のスタイル?は継承されていましたが笑、サッカーとしては非常に面白い!Lateral(両サイド)がとにかく上がる上がる。ペナルティーエリア内に入るのは当たり前で、FWよりも前にいるケースなんてザラ。こんなサッカー、オーガナイズされすぎた欧州では絶対に見ることが出来ません!
特にLeo mouraが凄すぎ!走る走る。彼はもしかしたら往年のカフー以上に良く走るかもしれません。
[PR]
by hayatao | 2007-05-08 13:04 | サッカー
南米サッカーファンのあなたへ
欧州ではチャンピオンズリーグが大詰めですね。
欧州サッカーファンは眠い日が続いているのでしょうが、僕にとっては朝が勝負です。

というのも、リベルタドーレス杯(南米クラブサッカー選手権)の試合が行われるのは大体現地時間の夜9時半から。時差が12時間のため、ここ日本では朝9時半から試合が始まるわけです。
大体現地時間の水曜日夜に試合が行われることが多いので、こっちの木曜日の朝はいかにして
globo esporte(web版)の試合生中継をでチェックできる環境を確保するかが重要になってきます。
ま、そんなことやっている人はごくごく少数だと思いますが・・・。

で、リベルタドーレスも今週でようやくグループリーグが終了し、
わがFlamengoは、、、グループリーグを1位通過!
しかも5勝1分けと好調なスタート!
早速ですが決勝トーナメントの組み合わせをお知らせします。

b0020525_21321434.gif
Flamengoは1回戦でウルグアイのDefensorという良く知らないチーム(リーグ戦は3勝3敗という戦績)と対戦します。ま、ここは問題ないでしょう。で、問題は2回戦。グレミオかサンパウロの勝者との対戦になります。これは大一番。ここを勝ち上がれば準決勝でボカをあっさり破って、決勝でサントスか。。
うーむ、まだまだ先は長い。。
ちなみに、昨年横浜で世界一を勝ち取ったインテルナシオナルはグループリーグで敗退決定しました。それでもグレミオが残るあたり、やっぱりブラジル南部のチームは安定して強い。。

でも、現在のFlamengoのスターFW、obinaも準決勝あたりでは復帰してくるだろうし、Juninho Paulistaは好調をキープしているし、Renato Augustoは益々成長しているし、ブラジルメディアでは現コリンチャンスでブラジル代表の未来のエースNilmarがFlamengoと接触しているっていうし、明るい話題がちらほら聞こえてきます。

そんなわけで、これからはホーム&アウェイのトーナメントなので、結果をコンスタントに報告していきます。
あなたをRubro-Negro(Flamengo)カラーに染めます。

b0020525_21411396.jpg
カリオカのFlamenguista(フラメンゴファン)の友達から送られてきた息子の写真。名はBrunoという。

・・・いい顔してるぜ坊主。
こんな顔、日本のサッカー少年たちにできるか?

>Bruno
sei q vc vai ser craque do flamengo! vc eh orgulhoso mesmo!!
[PR]
by hayatao | 2007-04-27 03:45 | サッカー
またひとつ、栄冠を手にしたフラメンゴ
b0020525_1233215.jpg
もう先週の話になりますが、、、
我がRubro Negro(FLAMENGO)がTaca Guanabara(グアナバラ杯)でまたひとつタイトルを獲得!
準決勝でRomario擁するVasco da GamaをPK戦で降し、決勝戦ではこのところ負け続きだったMadureiraを4-1で破って優勝しました。1965年以来続くこのグアナバラ杯。Taca Rio(リオ杯)と並んでカリオカにとっては重要なこの大会。我がフラメンゴは1970年の初制覇以来、17度目の優勝です。

b0020525_1323248.jpg
写真右、Flamengoの10番を背負うのは、今僕が最も注目する選手、Renato Augusto。19歳です。彼は伸びる。絶対に。顔が呂比須ワグナー似。

b0020525_1331371.jpg
写真左:超満員のmaracana(マラカナン)スタジアム。真ん中に見える旗はジーコさんの旗です。彼はフラメンギスタ(フラメンゴファンたち)の中では永遠に英雄です。
写真右:現在のフラメンゴのスター選手Obinaが怪我で戦線離脱している中、先制点を挙げたSouza。彼は以前はブルガリアの名門、CSKAソフィアにいました。

b0020525_13154879.jpg
決勝戦のメンバー。
前列左からJuan, Roni, Paulinho, Renato, Leonardo Moura, Claiton。
後列左からMoises, Irineu, Renato Augusto, Souza, Bruno。
ブラジル代表クラスの選手はいないけど、ここ10年の中ではバランスよく構成されたチームですね。

b0020525_13205976.jpg
これはオマケ。僕が大好きな1987年当時のメンバーです。名選手揃いでFlamengo最強の一時代でした。
前列左からBebeto, Ailton, Renato Gaucho, Zicoさん, Zinho。
後列左からLeandro, Ze Carlos, Andrade, Edinho, Leonardo, Jorginho。
本来はこの中にジーコさんの盟友でフラメンゴの永遠の5番、Juniorがいます。
思えばこのうち4名(Zicoさん, Jorginho, Leonardo, Bebeto)がブラジル代表、及び鹿島に在籍したんですよね・・・。凄すぎる。

Golacoな決勝戦の模様はこちらから>>>
優勝を一緒に喜びたい方はこちらから>>>
決勝戦の臨場感を味わいたい方はこちらから>>>


今年のフラメンゴはリベルタドーレス杯(毎年日本で開かれる世界クラブ選手権(旧トヨタカップ)の南米予選)に出場中なんです。現在グループリーグで2戦終わって現在2位。先はまだまだ長いですが、1981年以来の世界一を目指してがんばってもらいたい!
西洋のチャオンピオンズリーグもいいけどさ、日本のメディアもちょっとは南米サッカーを取り上げて欲しいデス。CS以外で。。

Flamengo ate morrer!
[PR]
by hayatao | 2007-03-12 03:39 | サッカー
踊るレフリー オペラを越えたフットボール
今日はサッカーのネタを。
以前紹介したブラジル人女性審判Ana Paula Oliveiraさん
ブラジル国内の女性審判の中でも彼女の人気はブラジルでも随一で、TVやラジオのゲストに引っ張りだこだとか。そして遂に彼女のオフィシャルサイトができるようです。
http://www.anapaulaoliveira.com.br/(現在リニューアル中)

しかーし、世界は広い。
女性ではありませんが、ある意味Anaさんを凌駕する審判がいました。

b0020525_13405817.jpg
まずはこの映像を↓
http://www.youtube.com/watch?v=1_qQkvZYVr8


審判がこんなに目立つなって?
何を言う。
セクシーフットボール全盛期の昨今。審判だってセクシーに振舞ったっていいじゃない。
総合芸術フットボールは遂にオペラを越えた!
ちなみに、彼はマイケルでも熊川哲也でもチャップリンでもありません。
あくまでveadoな主審です。

こんな審判だったら多少の誤審も許せちゃうよ。
・・・日本人にもこんな審判員いればなぁ。

就寝前にこの映像を見てしまった僕はもう今日は寝られません。
[PR]
by hayatao | 2007-01-29 04:10 | サッカー
インテルナシオナルを巡るエピソード
まずは下のURLをクリックして、ブラジルで今流れているCMを見ていただきたい。

b0020525_1901389.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=LWZB7Y-F9Hg


子供:「パパ、何が起きてるの?地震?」
パパ:「落ち着いてトシロウ。日本に来ているんだよ。コロラードという人たちが!」
子供:「コロラード?」

b0020525_1856256.gif

今宵、トヨタカップの初戦を迎える南米代表インテルナシオナル。
ブラジル南部、Porto Alegreをホームタウンに置くクラブで1909年創設。同地方のもう一つの名門グレミオ(過去トヨタカップ優勝国)と人気を二分する名門中の名門クラブです。今回のトヨタカップがクラブ創設以来初めてのことですが、ブラジル選手権3回の優勝経験を持ち、過去には日本代表経験のあるファルカン、鉄の闘将ドゥンガ、代表のキーパーを長く務めたタファレル、元京都サンガのジウマール(フラメンゴのキーパーというイメージが先行するけど)も元インテルナショナル・・・など、派手さはないものの堅実な職人的プレーヤーを数多く輩出しています。最近巣立っていった中では、現ブラジル代表のニウマール(フラメンゴに移籍予定!!)、ダニエル・カルヴァーリョ、ハファエル・ソビス(トヨタカップ出てから移籍しろよ・・・。)などなど。


そんなインテルナシオナルの熱狂的なサポーターをColorado(コロラード)と呼ぶのです。今回のCMは、RBS(ブラジル南部のローカル局)限定で流れている車(Volks Wagen do Brasil)のCMなんですが、車とは全く関係ない内容なのがさすがブラジル。この時期はコロラードありきなのです。でもま、地震大国からするとちょっとやりすぎな気がしますが。。しかも、お父さんが読んでいる新聞は中国語と日本語が混ざっているし、お父さんの日本語はめちゃくちゃだし、、、相変わらずの日本観だけど。。。ま、これもこれで面白い。

そもそも、このクラブの名前"Internacional(ポルトガル語ではインテルナシオナル。英語ではもちろんインターナショナルの意)"の由来には素敵なエピソードがあるのです。ブラジル南部はドイツ・イタリア・ポーランド系の移民が多いんですが、ドイツ系住民を中心に組織されたもう一方のクラブ、グレミオに入団を断られたサンパウロからの移民ポッピー兄弟が、民族、国籍、宗教、人種などあらゆるルーツを持った選手を受け入れるとして「インテルナシオナル」という名で発足させたクラブなのです。。さすがに今のブラジルではそのようなあからさまに差別的なクラブはありませんが、20世紀前半はまだ人種、民族差別が色濃く残されていたんですね。

そんなわけで、今宵、インテルナシオナルが決勝へ向けて発進する。
帰りたいな早く・・・・・・
[PR]
by hayatao | 2006-12-13 04:17 | サッカー



「すべての道はブラジルに通ず」リオ育ちの日本人による徒然日記。ブラジルの建築・デザイン・サッカー関連のことが中心です。建築設計事務所での修行を終え08年12月よりサンパウロ勤務。カステラ工房主宰。
by hayatao
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
information
★web制作から撮影、インテリアデザイン、建築設計までカステラ工房ではトータルにデザインを承ります。
ご依頼、ご相談はこちらへ
castellakobo@gmail.com
----------
「Save the 下北沢」Save the 下北沢
僕は世田谷区による下北沢再開発計画を断固として許さない!ブラジル南部の環境都市、クリチーバ市の元市長のジャイミ・レルネル氏も代替案を提案しています。

----------
人気blogランキングへ
カテゴリ
全体
ブラジル
日本のブラジル
お建築
デザイン
MPB
お仕事
東京散歩
サッカー
展覧会
ライブ

映画
下北沢
音楽

姪ちゃん
Works
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
more...
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
なかのひと