カテゴリ:ブラジル( 13 )
東京アテンド4日間~ブラジルから先生が来る #まとめ
17日から20日までの4日間、以前書いたリオのフルミネンセ連邦大学建築学部長のNireu先生を東京でアテンドしていたが、先生は無事に昨日成田を旅立った。
先生が成田を旅立った途端に、東京では今年初のちゃんとした雪が降っている。そういえば、先生が滞在時は、天気がよかった気がする。

b0020525_7172564.jpg今回のメインだった東京の建築巡りは東京タワーで始まり、新橋で終わった。途中訪れた主な場所は、迎賓館、皇居周辺、赤坂、銀座、汐留、六本木ヒルズ、お台場・有明、新橋。東京の前に京都で寺社建築は嫌と言うほど見ただろうから、東京では寺社建築以外、つまりバロック及びネオバロック建築から次世代のハイパーアーキテクチャーまで、時間幅にして19世紀から21世紀の3世紀の間に建てられた建築を3日間で見るという強行スケジュールを予定。JRと地下鉄、それに車を利用してどうにか予定していたところは回ることが出来た。
当初、Nireu先生は近代建築の先生であるので、その時代の建築を主にまわろうと思ったが、先生の希望により東京では主に現代建築を見ることに。先生が最も驚いていらっしゃったのが電通(設計:ジャン・ヌーヴェル)や日テレタワー(設計:リチャード・ロジャース)がある汐留シオサイトだった。いわゆる、いま東京で最も21世紀的な建築が建ち並ぶエリアだ。他の都市の状況をよく知っている先生でさえ、汐留のあの先進的なビル群には驚かれたのだろう。

b0020525_7175737.jpgまた、カリオカだけあって東京の海やビキニを着たジャポネーザが見たいというので、お台場へ。さすがにこの時期ではビキニの人はいなかったが、超ミニスカートの女の子を見て「Oi Garota de Ipanema!(イパネマの娘ちゃん!)」と声をかけていたあたり、さすが。。。
また今回のアテンドでは、ブラジル大使館のN書記官や、私の知り合いでブラジルで10年間設計事務所に勤めていらっしゃったN條さんの事務所にもお邪魔した。N條さんとNireu先生との会話の中で、共通の友人としてブラジル建築界の重鎮の名前がずらずらと出てきて、改めてすごい人たちを巡り合わせたんだなと実感する。

b0020525_7181729.jpgこの4日間、ポル語漬けだったため東京にいながらにして何だか不思議な感覚に陥ったが、それがまた心地よくもあり…。六本木のお好み焼き屋さんのママがブラジル人が来たのは初めて!と言っていたとおり、東京には意外とブラジル人が少ないのだ。(ちなみに日本のブラジルは愛知県豊橋、静岡県浜松、群馬県大泉が3大都市です。)先生が帰ってしまい、早くもサウダージ気味です…。

成田の別れ際に、次回はリオで再会することを誓いつつアブラッソ。この4日間はかなりバタバタだったけど、なにはともあれ楽しかった!アテンドに協力してくれたMちゃん、おつかれ!
[PR]
by hayatao | 2006-01-21 07:35 | ブラジル
東京アテンド4日間~ブラジルから先生が来る #01
先に書いたブラジルの都市に関する研究会出席のために来日した先生が東京にやってきた。リオにあるフルミネンセ連邦大という大学の先生なのだが、建築学部の教授のために僕に話がまわってきた。彼には先だって京都でお会いしてはいたのだが、あまりお話できなかったため、今日初めてゆっくりお話させてもらった。僕の親父よりも年上なのだが、とってもチャーミングでユーモアのセンスが抜群なオジさま。生まれはアラゴアス州(ブラジル北東部)と言っていたが、ビールっ腹といい、会話のセンスといい、カリオカにしか見えない…。

アテンド初日の今日は、東京駅のホームまでお出迎え。東京の街並みを見て、まず日本の街並みにゴミが少ないことにひどく感心されていた。それが普通の僕らニッポン人にとっては、むしろそのストリートが無味無色で退屈なものと思っていたのだが…。

その後ホテルにチェックインして昼飯。ちょうどヒューザー小嶋社長の証人喚問がテレビで生中継されていた。ブラジルではこのようなことは日常茶飯事なので、先生は特に驚きもせず。それにしても「お答えできません」一辺倒の小嶋社長には呆れた。

その後秋葉原へ。予想以上に反応がよく、予定を変更して今日のルートは秋葉原のみ。ガード下のパーツ屋さんをゆっくり通り、ヨドバシカメラへ。先生は巨大な店内をみて目を真ん丸くしながら「これが一つの店舗なのか?」とビックリ。リオでデザイナーをしている息子さんから依頼されたデジタルカメラと外付けHDDを購入。ブラジルではデジタル家電製品が恐ろしく高いのだ。先生はそのデジタルカメラがよほど気に入ったらしく、まずぶちゅ~っと口づけした後に、店内をバシャバシャ撮影。子供のようにはしゃぐ先生。おじさんになってもこうありたい。

秋葉原のカフェで一服。メイドカフェに行くのはさすがに止め、普通の小洒落たカフェへ。建築の話。僕が設計事務所へ所属していた時、毎月500時間くらい働いていたことを話すと、飛び上がったように驚かれた。

ホテルへの帰り際、八重洲ブックセンターによって建築の洋書本を探す。「建築MAP東京」の英語版がないか探してみたが、そのような類の洋書はないらしい・・・。これだけ東京の建築は熱いのに、英語本が少ないことに気づかされた。

久しぶりにポル語漬けな一日だった。いやぁーだいぶ忘れてるなぁ…。明日もがんばろっと。
[PR]
by hayatao | 2006-01-18 03:17 | ブラジル
同窓会
10月2日(土)

夕刻からリオデジャネイロ日本人学校時代の同窓会があった。同窓会とっても4学年をまたいでの同窓会。
一次会はすっかり有名になったブラジル料理屋「バルバッコア」にて。土曜日ということもあって、店内は混み混み。ウェイターが日本人だらけ、さらにテーブルを担当した坊主のウェイターが愛想が悪くてがっかりする。なぜああいう無愛想なウェイターがブラジル料理屋で働けるのか。肉だけを売っているだけでは、いくら立地が良くてもいずれ廃れるはずだ。まぁそんな偽のブラジル料理屋はもってのほかつぶれて欲しいけどね。…でも肉自体は以前よりも美味しく感じた。特にピッカーニャは旨かった。
それはさておき、懐かしい面々。中には10年ぶりの再会を果たした者もいた。当初は「5人くらい集まれればいいや…」と思っていたが、蓋を開ければ人数は20人を数えていた。一学年10人前後だった当時の生徒数を考えれば、かなりの数が集まってくれた。僕は幹事を任されたが、いい加減だったにもかかわらず、みんなが気軽に来てくれてよかった。
2次会は正方形のテーブルをみんなで囲みながら杯を交わす。うーーん。みんな、よく見るとちっとも変わってない。でも残念ながらみんなからブラジル臭は臭わなかった…。結局はみんなブラジルに好き好んで行ったわけではなく、親の都合で行ったまでだからなぁ。そこは日伯とは大違いのところだ。ちなみに20人の中で再びブラジルに戻ったのは、3人ほどだった。
終電を逃し結局朝まで飲み明かす。生存者は10名弱。重いまぶたを頑張って開けながら家路についた。
[PR]
by hayatao | 2004-10-05 03:02 | ブラジル



「すべての道はブラジルに通ず」リオ育ちの日本人による徒然日記。ブラジルの建築・デザイン・サッカー関連のことが中心です。建築設計事務所での修行を終え08年12月よりサンパウロ勤務。カステラ工房主宰。
by hayatao
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
information
★web制作から撮影、インテリアデザイン、建築設計までカステラ工房ではトータルにデザインを承ります。
ご依頼、ご相談はこちらへ
castellakobo@gmail.com
----------
「Save the 下北沢」Save the 下北沢
僕は世田谷区による下北沢再開発計画を断固として許さない!ブラジル南部の環境都市、クリチーバ市の元市長のジャイミ・レルネル氏も代替案を提案しています。

----------
人気blogランキングへ
カテゴリ
全体
ブラジル
日本のブラジル
お建築
デザイン
MPB
お仕事
東京散歩
サッカー
展覧会
ライブ

映画
下北沢
音楽

姪ちゃん
Works
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
more...
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
なかのひと