日本語で読めるニーマイヤー建築写真集
なでしこ、強えぇ。男子より明らかに強えぇ。
きっと監督の差が大きいんでしょうね。

というわけで、オリンピックの醍醐味、
残すところは男子サッカーの準決勝ブラジルvsアルゼンチン(予定)でしょう。
フルミネンセのThiago Neves、天敵ながら中々やるなぁ。
醍醐味と言えば、閉会式のCG部分を見破るのも楽しみなところですネ。

さて、本題。

ブラジル建築界の巨匠、オスカー・ニーマイヤー氏の日本語の書籍は今まで色々と出てきましたが、
おそらく今まで出版された中で最も分厚くて(220ページ)、ビジュアルが多い書籍が出版されました。

b0020525_1594799.jpg
建築専門書籍のGA(通称:二川シリーズ)シリーズです。建築専門書は小難しい言葉ばかりで手を出しにくいという方も、これは写真が主なのでパラパラと読めるのでオススメです。
リオの教育省ビル(1937年)からニテロイ市民劇場(2007年)まで、37件の作品写真は圧巻です。
特に、イビラプエラ公園やブラジリア、ニテロイ現代美術館の空撮写真は新鮮です。お金かけてます。もう写真として完成されている構図です。

個人的には、「歴史的瞬間を収録」と書いてあるように、
巻頭のニーマイヤー×アルヴァロ・シザ(ポルトガル建築界の巨匠)との対談が面白かったです。
併記されてあるポルトガル語を読む限り、おそらくほとんどノーカットだと思われるため、
やたら対談がリアルです。
あのシザ氏がニーマイヤー氏にかなり気を使ってコメントしてます。
対談と言うよりは、話し手:ニーマイヤー、聞き手:シザという感じでしょうか。
シザ氏も75歳ですが、ニーマイヤー氏はそれより25年も長く生きているんだからなぁ・・・。
ニーマイヤー氏の人生論や政治哲学などを読んでいると、どれだけ日本の建築家たちが次元の違うところで建築を考えているかがよくわかります。やっぱり巨匠中の巨匠です。

彼が100歳だと思って文章を読み直すと、改めて彼のスゴさが伝わってきます。

>>書籍の詳細はこちらから
>>その他ニーマイヤー関連書籍・DVDはこちらから
[PR]
by hayatao | 2008-08-16 02:34 | お建築
<< ブラジル日本交流協会2009年... Gambare!日系ブラジル人... >>



「すべての道はブラジルに通ず」リオ育ちの日本人による徒然日記。ブラジルの建築・デザイン・サッカー関連のことが中心です。建築設計事務所での修行を終え08年12月よりサンパウロ勤務。カステラ工房主宰。
by hayatao
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
information
★web制作から撮影、インテリアデザイン、建築設計までカステラ工房ではトータルにデザインを承ります。
ご依頼、ご相談はこちらへ
castellakobo@gmail.com
----------
「Save the 下北沢」Save the 下北沢
僕は世田谷区による下北沢再開発計画を断固として許さない!ブラジル南部の環境都市、クリチーバ市の元市長のジャイミ・レルネル氏も代替案を提案しています。

----------
人気blogランキングへ
カテゴリ
全体
ブラジル
日本のブラジル
お建築
デザイン
MPB
お仕事
東京散歩
サッカー
展覧会
ライブ

映画
下北沢
音楽

姪ちゃん
Works
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
more...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
なかのひと