ヒトはもはや飛ぶ必要はなくなった・・・
日本では、世界で人力による初飛行に成功したのはライト兄弟と教えられますが、実は、ブラジル人のサントス・ドゥモン氏(Alberto Santos-Dumont)が彼らよりも前に初飛行に成功していたことは意外にも知られていません。

b0020525_1253952.jpgリオには彼を讃えて、国内線専用のサントス・ドゥモン空港もありますし、サントス・ドゥモン勲章だってあります。カルティエからは彼がデザインした時計"サントス"まで出てます。かなりのイケメンで、ファッションセンスも抜群だったようです。

彼が初飛行でエッフェル塔の周りを回ったのが1901年。あれから106年・・・・・・

人は飛行機を発明し、続いてヘリコプター、今やステルス機だってあります。「跳ぶ」ことが今や「飛ぶ」ことになった昨今。地球1周だって誰でも出来てしまうこの世の中。もはや人類は飛ぶことには飽きてしまったわけです。

で、今日のネタはこれ。

b0020525_1242084.jpg
その名も”グランドキャニオンスカイウォーク”。展望台ではなく、空中散歩回廊と言ったところでしょうか。もはや「飛ぶ」必要はなく、風と空気を感じて「歩く」ことが今ホットなんだ!
開発者いわく、「グランドキャニオンの大空を颯爽と飛ぶ鷹のようになりたくて」作ったそうです。

b0020525_1331141.jpg
高さ約1220m。東京タワー(約333m)の約4倍。世界一高いビル、台北101(旧称;台北国際金融センター。約508m)でさえ足元にも及びません。
高さだけでも圧倒されますが、極めつけは手摺りがガラスなこと。グランドキャニオンは峡谷だけあって強風でも有名なため、躯体は鉄骨でもミシミシっと揺れること間違いなし。全くいい趣味してるぜ。
プロジェクトだけだったらよーく分かるよ。たださ、実際に作ってしまっているあたり、さすがアホで間抜けなアメリカ人(byM・ムーア)。こういう遊び心溢れるエンタテインメント、おれは好きだけど。。

b0020525_13161727.jpg
工事中写真。完成は3月とのこと。猛者たちよグランドキャニオンに集結セヨ。

ちなみに僕は東京タワーの展望台フロアーで、床がガラスになった一部分から下を見ただけでも震えるので無理です。chickenとでも何とでも言ってください。

”グランドキャニオンスカイウォーク”公式サイトへ>>
[PR]
by hayatao | 2007-01-25 04:36 | お建築
<< 踊るレフリー オペラを越えたフ... たとえ年に1回しか見ない映画で... >>



「すべての道はブラジルに通ず」リオ育ちの日本人による徒然日記。ブラジルの建築・デザイン・サッカー関連のことが中心です。建築設計事務所での修行を終え08年12月よりサンパウロ勤務。カステラ工房主宰。
by hayatao
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
information
★web制作から撮影、インテリアデザイン、建築設計までカステラ工房ではトータルにデザインを承ります。
ご依頼、ご相談はこちらへ
castellakobo@gmail.com
----------
「Save the 下北沢」Save the 下北沢
僕は世田谷区による下北沢再開発計画を断固として許さない!ブラジル南部の環境都市、クリチーバ市の元市長のジャイミ・レルネル氏も代替案を提案しています。

----------
人気blogランキングへ
カテゴリ
全体
ブラジル
日本のブラジル
お建築
デザイン
MPB
お仕事
東京散歩
サッカー
展覧会
ライブ

映画
下北沢
音楽

姪ちゃん
Works
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 02月
2008年 12月
more...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
なかのひと